ホームニュースリリース > 「第7回 光通信工事技能競技会」光サービス開通施工競技において競技会史上初、女性エンジニアの優勝

ニュースリリース

2012年07月30日

「第7回 光通信工事技能競技会」光サービス開通施工競技において競技会史上初、女性エンジニアの優勝

~光通信工事における高い施工技術力を証明~

日本コムシス株式会社(以下 日本コムシス、大崎本社:東京都品川区東五反田、代表取締役社長:髙島 元)は、去る7月25日、パシフィコ横浜で開催された「第7回 光通信工事技能競技会」において、「光サービス開通施工競技」に出場した入社2年目の田中佳織選手が優勝、宮田一生選手が4位入賞を果たしました。男女混合競技になってからの女性エンジニアの優勝は、競技会史上初めてとなります。

「光通信工事技能競技会」は、一般社団法人 情報通信エンジニアリング協会(会長:髙島 元、所在地:渋谷区猿楽町)が通信施工における技術者層の底辺拡大と現場力の向上を目的に毎年開催している大会です。第7回目の開催となった本年度は、「複合架空設備施工競技」、「光アクセス架空設備施工競技」「光サービス開通施工競技」の3種目に、同協会の会員企業19社から選抜された総勢67人(うち女性10人)の選手が参加して行われました。

日本コムシスは3種目すべての競技に出場し、29名の選手によって競われた「光サービス開通施工競技」において優勝、4位入賞という成績を修めました。女性エンジニアが金メダルを獲得した「光サービス開通施工競技」は、お客様宅でのADSL回線から光回線へのサービス変更を想定した施工競技で、高い品質と施工スピードが要求される競技です。性能や出来形において規格を満たしていることは当然ですが、お客様に満足していただくためには、見た目の美しさも大切な要素となります。田中選手は持ち前のセンスと日頃の業務で培った技能を、練習の中でさらに磨き上げ本戦に臨みました。全国の企業から選抜された選手が集まる同大会において、日本コムシスの高い光通信の配線施工技術を証明する結果となりました。

日本コムシスでは、毎年、全種目を対象とし「日本コムシス全国技能競技大会」を開催するなど、「理論と実務を兼ね備えた技術・技能」を有する技術者の育成強化を図っています。今後もICT社会の発展に寄与するために施工関連の技術・技能のより一層の向上を目指します。

<田中佳織選手の略歴>
平成23年4月1日、日本コムシス株式会社に入社。
同社NTT事業本部アクセスシステム部アクセスエンジニアリング部門に所属。
「第7回 光通信工事技能競技会」光サービス開通施工競技において競技会史上初、女性エンジニアの優勝pdf(130KB)