ホームニュースリリース > 埼玉県および社団法人埼玉県農林公社と埼玉県森林づくり協定を締結

ニュースリリース

2011年10月28日

埼玉県および社団法人埼玉県農林公社と埼玉県森林づくり協定を締結

日本コムシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙島 元、以下 日本コムシス)は、2011年10月26日、埼玉県庁において、サンワコムシスエンジニアリング株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:奥 要治、以下 サンコム)とともに埼玉県および社団法人埼玉県農林公社(本社事務所:埼玉県行田市、理事長:金本 伸郎、以下 埼玉県農林公社)と森林づくり活動を実施する「埼玉県森林づくり協定」を締結しました。

本協定は、2011年10月26日から2016年3月31日までの約5年間にわたり、日本コムシスとサンコムが埼玉県および埼玉県農林公社と協働して森林整備活動に取り組むものです。埼玉県農林公社所有の埼玉県入間郡毛呂山町にある約6.9ヘクタールの森林を「コムシスの森」として整備するとともに、従業員や家族の環境教育の場としても活用する予定です。

日本コムシスとサンコムでは、従業員とその家族からなるコムシス森林サポーターが、2006年から埼玉県入間郡毛呂山町において、ヒノキの枝打ちや間伐作業など実務型の活動を展開しています。これまでに延べ1,300名のサポーターが参加し、森林整備や山桜等の植樹活動を行いました。

今後も日本コムシスでは「森づくり」に継続的に取り組み、地球温暖化の防止や生物多様性の保全に貢献するとともに、従業員のCSR・地球環境保護意識の向上を図っていきます。

「埼玉県森林づくり協定」の概要
対象地 : 埼玉県入間郡毛呂山町大字権現堂・大谷木
      社団法人埼玉県農林公社管理営林地内
面積:6.9ヘクタール
活動内容:ヒノキ林の間伐、枝打ちなどによる森林整備活動等
締 結 日:2011年10月26日
協定期間:2011年10月26日から2016年3月31日まで


20111028_1.jpg


20111028_2.jpg