ホームニュースリリース > 図研ネットウエイブが発売するFortiAP™を活用したセキュア無線アクセスソリューションパックに無線LANサイトサーベイサービスを提供

ニュースリリース

2011年01月12日

図研ネットウエイブが発売するFortiAP™を活用したセキュア無線アクセスソリューションパックに無線LANサイトサーベイサービスを提供

日本コムシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙島元、https://www.comsys.co.jp/以下、日本コムシス)は、米Fortinet社の国内ディストリビュータである図研ネットウエイブ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村郁生、 http://www.znw.co.jp/以下、図研ネットウエイブ)が本日より販売するセキュア無線アクセスソリューションパックに、無線LANサイトサーベイサービスを提供いたします。

図研ネットウエイブが販売する今回のソリューションパックは、UnifiedThreatManagement/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet (本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、代表取締役社長:新免泰幸、http://www.fortinet.co.jp/ 以下、フォーティネット) が開発したエンタープライズクラスのデュアルバンド対応FortiAP-220B シン(Thin)アクセスポイントと国内UTM市場をリードするFortiGateを組み合わせたセキュア無線アクセスソリューションパックです。

今後企業内においても無線機能を搭載したスマートフォンや多機能携帯端末といったモバイル機器を活用した接続需要が増加することを見越し、図研ネットウエイブはよりセキュアな無線AP環境の構築を実現するために、通信情報基盤構築、IPネットワーク構築、モバイルソリューションで実績のある日本コムシスと提携し、無線LANサイトサーベイ・設定を含めた構成となっております。

FortiAP-220Bは最新の IEEE802.11n標準をサポートし、既存FortiGateのファームウェアをアップグレードすることによりシンアクセスポイントのコントローラとして機能し、連携させることでハイパフォーマンスな無線ネットワークと業界でもっとも広範な統合ネットワークコンテンツプロテクションとを兼ね備えたシングルプラットフォームが実現します。
最新のファームウェアにはファイアウォール、アンチウイルスをはじめとする基本機能以外にアプリケーションコントロールや情報漏洩防止(DLP)機能も搭載しているため1台であらゆる場面でのセキュア・アクセスソリューションを展開可能となっています。

今回のソリューションパックにはセキュア無線アクセスに必須となる認証サーバーとして株式会社ソリトンシステムズ(http://www.soliton.co.jp/)が開発・販売する国内シェアNo1※のNet'Attest EPSをパッケージングされております。既にNet'Attest EPSとFortiAP-220B、FortiGateとの接続検証は完了しており、本パックでは設定手順ガイドが無償で提供されています。

※ 株式会社富士キメラ総研「2008、2007、2006ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」RADIUSサーバー(アプライアンス)市場における調査結果より

セキュア無線アクセスソリューションパック
ソリューションパックは下記の2種類を準備しておりますが、導入規模によりパック以外のご提供もいたします。

ソリューションパックA 148万円(税別)~
小規模導入パック(クライアント60台想定)
FortiGate 80C×1台、FortiAP-220B×4台、Net'Attest EPS-SX03×1台

ソリューションパックB 378万円(税別)~
中規模導入パック(クライアント150台想定)
FortiGate 200B×1台、FortiAP-220B×10台、Net'Attest EPS-ST03×1台

※ 本パックにはFortiAPの設定、Net'Attestのセットアップおよび10ユーザまでのユーザ登録・証明書発行、 ファイアウォール設定、オンサイト無線サーベイ費用、ドキュメント(サーベイレポート、クイックスタートガイド、インターネット接続マニュアル)が含まれます。
※ Net'Attestのユーザ追加、FortiGateのWAN、VPN、UTM機能等の設定・設置については別途オプション費用がかかります。
※ 設置環境により別途電源等の設置・工事費用がかかります。

導入構成イメージ
011211-1.png


図研ネットウエイブについて (http://www.znw.co.jp)
図研ネットウエイブは、急速な発展とともに多様な課題を抱えるインターネット市場に独自のソリューションによってビジネス展開するために株式会社図研の出資により設立されました。2002年よりフォーティネットのディストリビュータとして販売を開始し、累積で10,000台以上の機器販売実績があります。また、5度のNo.1ディストリビュータ賞にも輝いており、フォーティネット製品に精通したSEが導入から運用・サポートまで包括的な技術支援を提供しています。図研ネットウエイブでは、企業ネットワークにおける外部からの脅威、内部からの情報漏洩といった問題に対するネットワークセキュリティソリューションだけでなく、今後急速に進化する仮想化環境に最適なクラスターストレージやクラウドサービスにいたるまであらゆる企業ニーズに応える高いバリューの製品とプロフェッショナルサービスを提供します。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット (NASDAQ: FTNT) はネットワークセキュリティアプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理(UTM)のマーケットリーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプションサービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティインフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。


Copyright©2011 Fortinet, Inc. All rights reserved.® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。
Net'Attestは株式会社ソリトンシステムズの登録商標または商標です。