ホームニュースリリース > 日本コムシス株式会社と株式会社アイティフォーSIPを利用した次世代コールセンターシステムの構築において協業

ニュースリリース

2010年08月04日

日本コムシス株式会社と株式会社アイティフォーSIPを利用した次世代コールセンターシステムの構築において協業

日本コムシス株式会社(以下、日本コムシス、代表取締役社長:髙島 元/本社:東京都品川区)は、株式会社アイティフォー(以下アイティフォー、代表取締役社長:東川 清/本社:東京都千代田区)が提供する「SIPコールセンターシステム」および「SIPテレホンバンキングシステム」のプラットフォームとして「comsip」を供給し、次世代コールセンターシステムの構築・販売において協業を開始しました。

日本コムシスでは、これまで標準SIP対応のIP電話システム「comsip」をプラットフォームとした、コールセンターを低価格で構築するソリューションに実績を有し、アイティフォーでは、地方銀行をはじめとした企業のコールセンターシステムや、アプリケーション開発に実績を有していました。

アイティフォーが提供を開始した「SIPコールセンターシステム」および「SIPテレホンバンキングシステム」は、日本コムシスのIP電話システムである「comsip」をプラットフォームとして採用し、PBX(電話交換機)メーカーの独自技術に依存することなく、汎用のPCサーバーでコールセンターシステムを構築することが可能となりました。日本コムシスの「comsip」と、アイティフォーが有するコールセンターに関するソリューションの融合により、電話とコンピュータのアプリケーションとの連携を容易に行えるため、低コストでコールセンターに必要なすべての機能を実現し、従来のPBX型のコールセンターシステムに比べ、半分以下の構築期間と価格で提供することが可能となりました。

さらには分散制御方式によるコールセンターシステムも容易に構築でき、コールセンター全体のシステムダウンのリスクも大幅に低減し、10席程度の小規模コールセンターから大規模コールセンターまで、人数規模に応じたシステムの構築や柔軟な増減も可能で、顧客のニーズに応じて必要な機能を追加するなどの拡張性も合わせ持ちます。

アイティフォーの「SIPコールセンターシステム」の価格は10席のコールセンターの場合、税込みで一式650万円から。また、「SIPテレホンバンキングシステム」の価格は、税込で一式6,000万円からです。

「comsip」の特徴

■comsip
国際標準RFC3261に準拠したSIPを採用したIP電話システムです。コラボレーションプラットフォームとして、音声とアプリケーションの融合を実現し、企業内のリアルタイムなコミュニケーションを実現します。キャリヤのIP電話サービスや複数拠点間の内線通話化などによる通信経費の削減のほか、モバイルセントレックスの実現、アプリケーションとの連携による業務効率化などを実現し、経営の効率化や生産性の向上を実現します。

comsipホームページ
https://www.comsys.co.jp/comsip/

「SIPコールセンターシステム」の特徴

■コールセンターに必要なすべての機能を実現
ACD(着呼の自動配信機能)、ダイヤラー(自動発呼機能)、IVR(自動音声応答機能)、通話録音、通話モニター、三者通話、プッシュ信号での暗証番号受信機能などコールセンターに必要なすべての機能を実現します。また、「現在どのオペレーターが通話中か」、「どのお客様と何分間通話中か」などの稼働状況を管理者のPC画面に図表で表示する「見える化」も実現します。

■ホットスタンバイなどの冗長化を容易に実現
分散処理システムを容易に構築できるため、システムを2系統用意して同時に稼働させ、片方に障害が発生した際は即座にもう片方へ処理を引き継ぐホットスタンバイなどの冗長化(サービスを継続して提供できるシステム構築)を実現します。また、システムを2系統用意しなくてもシステム障害が発生した時にシステム全体を停止することなく、残りのサーバーが持つ処理能力の範囲で業務を継続できるなど、優れた冗長性を持ちます。

■発信・着信の集中管理により投資ゼロの在宅オフィスも実現可能
本システムは電話の発信や着信をシステムで集中管理するため、拠点や在宅オフィスでは新たな機材を設置することなく、既存の電話機だけで通話録音、通話モニター、三者通話などの機能を利用することができます。在宅の場合、既存の家庭用電話機を利用できるため、投資ゼロの在宅オフィスも実現可能です。

「SIPテレホンバンキングシステム」の特徴

■銀行が抱える維持継続の課題
インターネットバンキングの普及に伴い、テレホンバンキングの銀行におけるリテール戦略上の位置づけも変化しており、その維持継続が大きな課題となっています。利用者が減少傾向にあるものの、根強い利用者がいるためサービスを停止することはできず、一方、老朽化に伴うシステム更改には高額な投資が必要であるという課題です。

■低価格で多様な冗長化を実現
SIPの利用によりシステムの2重化などもPCサーバーのみで行えるため、低コストで多様な冗長化を実現します。システムを2系統稼働させ片方に障害が発生した際は即座にもう片方へ処理を引き継ぐホットスタンバイや1系統のシステムでも障害時にはシステム全体を停止することなく、残りのサーバーが持つ処理能力の範囲で業務を継続するなどさまざまな冗長化が可能です。

■テレホンバンキングに必要な機能を実現
本システムはお客様からの電話に対して、自動音声で用件を振り分け、用件に応じてオペレーターを呼び出したり、プッシュホン操作による顧客認証後、残高照会、入出金明細照会、振込・振替およびその照会、定期預金取引、お届け内容の変更、キャッシュカードの紛失届けなどさまざまな金融取引が可能です。お客様の入力内容を音声合成で復唱し確認を行ったり、必要に応じ営業店や専門担当者へ転送したりすることもできます。通話録音やその検索・再生にも対応しています。