ホームニュースリリース > IP電話トータルソリューション「comsip」の中小規模ユーザー向けパッケージ「comsip BOXシリーズ」を発売

ニュースリリース

2009年01月30日

IP電話トータルソリューション「comsip」の中小規模ユーザー向けパッケージ「comsip BOXシリーズ」を発売

~手軽に設置が可能なボックスタイプながら最大100台の端末を接続可能~

日本コムシス株式会社(代表取締役社長:髙島 元、以下 日本コムシス)は、IP電話トータルソリューション「comsip」の中小規模ユーザー向けコミュニケーションプラットフォーム「comsip BOXシリーズ」を1月から販売開始しました。「comsip BOXシリーズ」は、手軽に設置が可能なアプライアンスタイプで、最大100台のIP電話端末を接続することができます。

日本コムシスが販売を開始した「comsip BOXシリーズ」は、IP電話システムに必要なSIPサーバ、IPキャリアゲートウェイ、PSTNゲートウェイ、モバイルコンバータの機能を1つのボックスに収容したもので、最大100台までの電話環境を構築することが可能です。コスト削減のためにIP電話を導入する企業はもちろん、小規模のコールセンタのテレフォニープラットフォームとしても利用することができます。また、追加機器なしで、日本国内における主要通信キャリアのIP電話サービスへの接続に対応しているのも特徴のひとつです。

日本コムシスでは、これまで中~大規模ユーザー向けのIP電話システムを販売してきましたが、アプライアンスタイプを利用することで、中小規模ユーザーを対象に、短納期、低価格での提供を可能にします。2000台を超える端末を収容できるシステムと同等の機能を持ち、多くのオプションを組み合わせることが出来ます。

なお、「comsip BOXシリーズ」の販売価格は、端末台数50台以内の「BOX50」タイプの55万円からとなります。

comsipboximage.jpg