ホームニュースリリース > オンサイトベンダー大手スリープログループ株式会社との業務提携により、オンサイト業務に本格参入

ニュースリリース

2008年09月26日

オンサイトベンダー大手スリープログループ株式会社との業務提携により、オンサイト業務に本格参入

~平成20年度下期から情報家電やホームセキュリティなどのホームネットワークビジネスの確立を目指す~


日本コムシス株式会社(代表取締役社長:髙島 元、以下 日本コムシス)は、コンシューマ系オンサイトベンダーの最大手、スリープログループ株式会社(東京都新宿区、代表取締役:髙野 研、以下スリープログループ)と業務提携を行い、平成20年度下期から通信事業者が提供する家庭内ITサポートサービスの「オンサイト業務」へ本格的に参入いたします。


光通信サービスの普及・拡大に伴い、それらを基盤とした情報家電やホームセキュリティ、地上波デジタル放送などのホームネットワークビジネスが、今後は、飛躍的に発展していくことが期待されています。これに伴い、多種多様なサービスやネットワーク関連機器を利用されるユーザーから、これらを使いこなすためのサポート業務の充実を求めるニーズが高まっています。日本コムシスでは、こうした市場の背景から、ホームネットワークにおけるオンサイト業務のサポート体制を構築し、事業化を図るために、コンシューマ系オンサイトベンダー最大手のスリープログループと業務提携をしました。


全国に約200の拠点を有している日本コムシスでは、NTT関連のネットワーク施工や故障修理業務における数多くの実績とノウハウを活かし、BフレッツのみならずNGNフレッツ光ネクストなどの光回線を利用して展開される多様なサービスにワンストップで対応する“ホームネットワーク・ワンストップサービス”の実現を図ります。
これに併せて今回のスリープログループの業務提携により、パソコンやIP電話といった従来の情報通信機器のみならず、家庭内における家電製品やセキュリティ設備等のネットワークサービス体制を充実します。