ホームニュースリリース > 日本コムシスと野村総合研究所、<br>Wi-Fi接続可能なスマートフォンによるカメラ画像閲覧システムを<br>データセンター向けに共同開発

ニュースリリース

2008年02月19日

日本コムシスと野村総合研究所、Wi-Fi接続可能なスマートフォンによるカメラ画像閲覧システムをデータセンター向けに共同開発

日本コムシス株式会社(大崎本社:東京都品川区、社長:髙島 元、以下「日本コムシス」)と株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、データセンター向けにスマートフォンを用いたカメラ画像閲覧システムを共同で開発しました。データセンター向けのサービスプロバイダや各種金融機関などデータセンターを保有している企業をはじめ、高いセキュリティや秘匿性が要求される工場、研究所、病院などを主な対象に、2008年3月より販売します。


データセンターは、基幹システムやユーザ顧客のシステム運用を行うため高度なセキュリティが要求されており、利用企業の社員であってもカメラ付き携帯電話やデジタルカメラの持ち込みが禁止されているのが一般的です。一方、システム担当者は作業状況や障害発生時の現場状況をリアルタイムで把握し、適切な処置を施す必要があります。こうした画像によるITオペレーションの遠隔運用と機密情報の漏えい防止という、相反する課題を解決した運用業務を支援するために、日本コムシスの携帯電話向け画像転送技術とNRIのワイヤレス技術/システム化技術を組み合わせて、カメラ画像閲覧システムを共同で開発、製品化しました。


今回開発したカメラ画像閲覧システムは、スマートフォンで撮影した画像を、携帯電話網を経由することなく、無線LAN のWi-Fi※1を用いてセキュアなネットワークを経由で社内ネットワークなど制限されたネットワーク上にある画像サーバに転送し、遠隔サイトから画像を閲覧できるシステムです。例えば、データセンター内でネットワークシステムに障害が発生した場合や、機器類の設置作業状況などを確認する場合、データセンター内の常駐者が状況を撮影してサーバに転送します。遠隔地にいるシステム担当者は専用の画像サーバにアクセスし、リアルタイムに状況を確認して、迅速かつ正確な対応指示をすることができるようになります。


このシステムでは、高度なセキュリティが要求されるデータセンター向けに、さまざまな機能を搭載しています。スマートフォンで撮影した画像を自動転送後、端末から即時に抹消し残さない機能を保有するとともに、サーバ側の閲覧画像の流出・漏えいを防止するため、閲覧するPC上からの画像データのダウンロード、コピー、印刷などの機能をシステム的に禁止、制限しています。また、アプリケーションレベルでのログインID/端末パスワードによる転送先制御・アクセス制限により、必要な画像データのみ選別されて表示する仕組みになっています。さらに、画面一覧の任意の画面をダブルクリックし拡大画面を表示させることで、ラックマウントの状態だけではなくケーブルのタグ番号や機器の製品番号、LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)の名称など細かいレベルまでより詳細な情報を確認できます。


なお、同システムのスマートフォンにはオープン性を重視し、Windows Mobile6.0ベースのウィルコム社製Advanced [es]シリーズを採用しました。システムのアプリケーションパッケージの価格は150万円です。


*1 Wi-Fi(Wireless Fidelity):無線LANのブランド名。一般的には、IEEE802.11aやIEEE802.11b、IEEE802.11gの無線規格を利用した無線LAN機器のうち、業界団体であるWiFiアライアンスの認定を受けたものをいう。