ホームニュースリリース > 資材の盗難防止システム「御用ダ!!」を開発

ニュースリリース

2007年12月06日

資材の盗難防止システム「御用ダ!!」を開発

~工事現場の資材に無線ICタグを取り付け、タグの振動により警告を発して盗難を防止~

日本コムシス株式会社(以下 日本コムシス、大崎本社:東京都品川区東五反田、代表取締役社長:髙島 元)では、この度無線ICタグを利用した資材の盗難防止システム「御用ダ!!」を開発し、現在、日本コムシスの6つの支店で実証実験を行っています。「御用ダ!!」は、昨今の各種金属類の価格上昇などに伴い、建設工事現場などにある資材の盗難事件が多発していることを背景に、このような盗難を未然に防ぐ装置として開発されたものです。

「御用ダ!!」は、振動センサ内蔵の無線ICタグを取り付けた資材が移動したり振動すると、特定小電力無線で自動的に電波を発信する盗難防止システムです。発信された電波を主装置が受けると、警報音が鳴り出したり、光を発したりすることで不審者を威嚇し、盗難を未然に防ぐことにつながります。1台の主装置に対して最大20個までICタグを登録することが可能です。また、主装置が異常を検知すると、検知情報がNTTドコモのDoPa網を介してサーバに送信されます。さらに、サーバから管理者の携帯電話やパソコンにメールで通報することができるため、リアルタイムでの対処が可能となります。

本システムは、充電式バッテリーによる駆動が特徴で、工期が短く電源のない工事現場などでも利用することができるほか、配線作業が不要なため、設置および撤去作業も簡単に行うことができます。さらに、設置する主装置とICタグの距離が最大で50メートルまで対応でき、従来製品と比較すると、より広範囲での設置が可能となります。

日本コムシスでは、支店での実証実験を通じて「御用ダ!!」の性能確認を行うと同時に、実利用に向け、より一層の機能向上を図っていきます。