ホームニュースリリース > 日本コムシス株式会社<br>バリオセキュア・ネットワークスとセキュリティ事業のサポート・販売での協業に合意

ニュースリリース

2007年07月09日

日本コムシス株式会社バリオセキュア・ネットワークスとセキュリティ事業のサポート・販売での協業に合意

~より高度な技術力を有したサポート体制構築と更なる営業強化を目指す~

日本コムシス株式会社(以下、日本コムシス、代表取締役社長:髙島 元/本社:東京都港区)とバリオセキュア・ネットワークス株式会社(以下バリオセキュア・ネットワークス、代表取締役CEO:坂巻 千弘/本社:東京都港区)は、バリオセキュア・ネットワークスが提供するセキュリティサービスに関して、サポートならびに販売における協業体制を構築することに合意しました。

現在、企業活動におけるインターネットの利用頻度が拡大している中で、ネットワークへの脅威もますます複雑化し、日々新しい脅威が発生するなど、ネットワークセキュリティの対策は、企業の重要なリスク管理の一つとなっています。
バリオセキュア・ネットワークスでは、2007年7月にセキュリティサービスの提供件数が2,000件を突破し、今後さらに増加が見込まれる顧客に対して、安心して長期的にサービスを利用できるように、サポート業務全体の品質向上、多様化する顧客ニーズによりきめ細かに対応し、更なる顧客満足度向上ができる体制を構築するべく検討を行ってきました。

そこで今般、ITソリューションならびにサポート分野に関する技術者を多く擁する日本コムシスが、バリオセキュア・ネットワークスのユーザー企業に対するセキュリティ機器のトータルサポート業務を一括して請け負うこととなりました。両社の協業体制の実現により、新たなサポート体制では、設定変更や通常の顧客サポート業務の24時間体制が確立できます。また、今後の更なるサービス提供件数の増加に伴う納品・サポート件数の増加に対して、より柔軟な対応が可能となるうえに、長期的に信頼性の高いサービスを提供できると考えています。

バリオセキュア・ネットワークスでは、納品・サポート業務を業務委託に切り替えることで、サポートや納品に従事していた人員を新たなサービスやサポート部分のシステム開発、営業サポートなどに投入することができ、今後の事業増強をよりスピーディに図ることが可能と考えています。

日本コムシスは、サポート業務を請け負うだけでなく、バリオセキュア・ネットワークスと販売代理店契約を締結し、日本コムシスが提供しているセキュリティーソリューションとしてバリオセキュア・ネットワークスのセキュリティサービスの販売を行います。これにより、バリオセキュア・ネットワークスでは、従来からのインターネット事業者の販売ルートに加え、システムインテグレータの販売ルートも開拓することが可能となります。

なお、本件リリースに関して、バリオセキュア・ネットワークスの業績に対する影響は軽微であります。

(参考)

■日本コムシス株式会社について

日本コムシスは、開発、設計から運用、保守までを担う“ワンストップソリューションプロバイダ”をコンセプトに、ネットワーク構築技術と情報システム構築を融合させることのできる「総合エンジニアリングサービス企業」として事業を展開しています

設立:1951年12月
社長:代表取締役社長 髙島 元
資本金:311億円
本社所在地:東京都港区高輪3-23-14
業務分野
・NTT情報通信エンジニアリング事業
・電気通信エンジニアリング事業
・ITソリューション事業
・社会システム関連事業等


■バリオセキュア・ネットワークス株式会社について

バリオセキュア・ネットワークスは、インターネットを利用するすべての企業に対して「総合的なセキュリティサービスを提供することにより、お客様に安心・安全かつ便利なインターネット環境を提供する」ことをビジョンに掲げ、セキュリティサービスを中心に事業展開を行っています。
バリオセキュア・ネットワークスは、ICSA認定を取得した自社開発の多機能セキュリティ機器VSRを利用した総合的なセキュリティサービスを企業向けに展開しています。
現在では、高度な技術力、卓越した製品パフォーマンス、ならびに徹底した顧客志向のサービスが広く認められ、大手通信事業者やデータセンターの標準のセキュリティーソリューションとして2,000ヶ所以上で利用されています。
今後とも独自の研究開発体制を強化し、常に先進のセキュリティサービスをご提供する企業を目指します。

設立:2001年6月21日
社長:代表取締役CEO 坂巻 千弘
資本金:4億55百万円
本社所在地:東京都港区愛宕2-5-1
業務分野
・セキュリティサービス事業
・ホスティングサービス事業
・プロフェッショナルサービス事業