ホームサステナビリティ > 2.安心・安全の追求

2.安心・安全の追求

安心・安全の追求

労働安全衛生マネジメントシステム

コムシスグループは情報通信エンジニアリング業界のトップブランドとして、労働安全衛生マネジメントシステムに準拠し、法令ならびに社内規程を守り、全社員の協力の下、労働災害の防止、社員の健康増進および快適な職場環境を整備し、継続的に安全衛生の確保に努めています。

日本コムシスでは、「COHSMS※1」の認証取得や、安全憲章や安全方針の策定に加えて、毎年、「事故撲滅」を最重要経営課題として掲げ、現場の工事などを担当する協力会社とともに、グループ全社を挙げて事故および労働災害の防止に取り組んでいます。

※1 COHSMS(Construction Occupational Health and Safety Management System):厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」に基づき、建設業労働災害防止協会が業界の実情を踏まえて作成したPDCAサイクルを通して、自発的に安全衛生水準の継続的向上を図るための建設業向け労働衛生マネジメントシステム。

協力会社の安全確保に向けた取り組み

協力会社の安全を確保することは、施工管理を行う日本コムシスの重要な使命と考えています。協力会社に対して日本コムシスの安全基準の遵守を促し、安全責任者からの指導を行うほか、協力会社においても安全作業書を活用しています。

リスク評価

日本コムシスは、社員の安全衛生に係るリスクを定期的に洗い出し、評価しています。安全衛生委員会を月1回実施するほか、労働安全衛生マネジメントシステムの規程に従い、現場代理人が工事ごとの作業実施計画書作成時に、予想される事故やリスクを事前に洗い出し防止措置を図っています。また、現場と独立した立場でのリスク管理を行うために、経営幹部などによる安全パトロールの実施や、各種法令やガイドラインを網羅した同じ基準での内部監査などを実施し、リスク評価を行っています。

問題発生時のコムシスホールディングスへの報告体制

日本コムシスで、労働安全上の問題が発生した場合、即時にコムシスホールディングスへ報告を行う体制を整備しており、それらの問題についてコムシスグループ間で横串を通した管理を可能にしています。

安全大会の実施

安全大会の様子
安全大会の様子

日本コムシスは、「安全はすべてに優先する経営の課題事項であり、経営の要」という意識の下、安全大会を開催しています。

日本コムシスグループの社員に加えて、重要なビジネスパートナーである協力会社の皆さまも参加し、各事業部代表による安全決意表明を行うほか、安全品質向上に向けた改善の取り組み発表、人身事故防止に向けた危険体感デモ、自然災害や人身事故における被災者のドキュメンタリービデオの視聴などを通じ、労働安全への意識を高めています。

また、日本コムシスグループ内での優良事業所表彰や、協力会社への安全表彰を行うことで、安全対策に対するさらなるモチベーションアップも図っています。安全大会の様子は、遠隔の支店やTS(テクノステーション)などに、同時映像配信し、なるべく多くの社員が参加できるようにしています。さらに、情報通信エンジニアリングの業界団体である一般社団法人情報通信エンジニアリング協会(ITEA)が主催する安全大会にも継続して参加し、業界全体における安全意識の向上、改善施策の水平展開に努めています。

安全品質の向上に向けた活動

日本コムシスでは、事故の撲滅および安全品質の確保、協力会社も含めたグループ間の連携強化を目的に、日々取り組みを行っています。

月に1回開催する安全品質対策委員会には、協力会社も参加し、リスク評価と防止対策に関する協議を行い安全品質の向上に努めています。より多くの関係者が集まる安全品質対策強化委員会も年2~4回のペースで開催し、パートナー会社、協力会社など関係者間で安全意識の共有を図っています。

また、クラウドシステムの活用によって安全対策研修の共有や、コンテンツ提供、安全朝礼の周知徹底を行っています。これらの取り組みを通じて、今後も安全品質の向上に努めます。

安全巡視などの実施

日本コムシスでは、人身・設備事故撲滅に向けて各種取り組みを展開しています。特にリスクの高い高所作業車の使用方法や作業内容について事故防止に向け、資格認定者が高所作業車を運転しているか、安全に作業できているかといった点を安全パトロール者が確認することで、作業を行う社員一人ひとりの安全に対する意識の向上を図っています。

現場の全作業員に安全に対する方針を記載したカードの携帯を義務付けるとともに、安全の鉄則に沿った作業を実施し事故撲滅に努めています。

また、社長をはじめとする役員による現場との対話を重視した安全パトロールを定期的に実施しており、安全意識の徹底に努めています。

一斉メールシステムの導入

日本コムシスでは、全国の事故情報と自社の事故情報などの収集に努め、それらを社員・現場施工班へリアルタイムに発信し、情報共有を行っています。これにより、安全作業の意識向上・動機付けを行い、さらなる指導強化を図っています。

安全研修の実施

高所作業ブラッシュアップ研修
高所作業ブラッシュアップ研修

日本コムシスでは、事故防止の徹底を目的として定期的に安全研修を実施しており、協力会社も参加しています。第一線の現場で作業をするにあたり、危険予知など事故の未然防止に効果的なテーマを選定し、効果が期待できる体験型の研修や地域特性に応じた研修などを実施しています。作業員全員が「絶対に事故を起こさない」という強い意識を持って、安全施工を完遂すべく、努めています。

班長セミナー開催

日本コムシスでは、自社基準で認定した班長に対し、リスクアセスメント、安全施工サイクルなどについての研修を行い、現場第一線の監督者として、人身・設備・交通事故を絶対に起こさない、という安全意識の醸成および現場指導力の向上を図っています。参加者からのフィードバックを受け、次年度開催に向けて研修内容を改善することで、より質の高い安全教育を実施しています。また、受講者へ定期的に再教育を行い、高い安全意識を維持できるように取り組んでいます。

VR導入による危機体験教育

日本コムシスでは、現場の作業員を対象に重大事故防止の強化に向け、VRによる危機体感教育を導入しています。参加者は、VRゴーグルを着用し、作業現場の疑似環境で落下や感電といった危機を体験することができます。

従来の実技訓練では、訓練環境の確保が必要になりますが、VRによる体感教育では、運営にかかる時間や労力を抑えることで、定期的な開催が可能となり、より多くの人数が教育を受けることができます。また、実技や座学と組み合わせることで、より効果的な安全研修の実施が可能になります。