ホームICTソリューション > ストレージ仮想化

仮想化

ストレージ仮想化
ストレージ統合によるTCO削減

ソリューションの概要

ファイルサーバ/ストレージがシステム毎に乱立し保守もバラバラで管理が複雑、
運用コストがかさんでいませんか?
「FC:ファイバチャネル」や「iSCSI」のストレージコストが安くなり、商用利用が広がっている今がシステム見直しのチャンスです。日本コムシスでは、安価となったストレージの仮想化や統合化で、お客様のTCO削減を実現します。

サービス内容

ストレージ仮想化

ストレージを仮想化することにより、容易に統合化、階層化か可能となります。利用効率を向上させ、アーカイブや重複排除機能により容量を削減します。

ストレージ統合

装置共有により利用効率が向上し、設備投資が削減できます。装置共有により管理を一元化し、管理コストが削減できます。ストレージ領域 / ファイルサーバ容量の増設が短時間で実施できます。

FC-SANやIP-SANの再設計

今の利用状況を踏まえて将来的な増設ポリシーもつくるとより効果的です。

お問い合わせ