ホームICTソリューション > デスクトップ仮想化

仮想化

デスクトップ仮想化
導入メリットを最大限に活かす仮想PCを提供いたします。

ソリューションの概要

PCの管理・運用・保守、セキュリティ対策と、クライアントPCを取り巻く環境は複雑さを増している状況です。管理者業務は多岐に渡り、企業は多くの課題に直面しています。解決策として、クライアント環境を見直し、仮想PCを導入することで、セキュリティ強化、情報漏洩リスクの低減、管理者業務の運用負荷軽減を提案します。
これまで仮想PCの導入には、多大なコストが掛かり、なかなか踏み切れない状況がありましたが、昨今CPUの高性能化、メモリ・HDD・ストレージの低価格化、ネットワークの広帯域化、安価なWAN環境など、シンクライアント導入に適した状況が生まれてきております。しかしながら、1台あたりの導入コストは落ちているものの、単純なPC更改に比べるとまだ高価なことも確かです。
こうした中、日本コムシスは、統合管理や紛失・情報漏洩防止、またそれらに対する情報漏洩時のリスクコントロールコストを総合的に判断し、導入メリットを最大限に活かす仮想PCをご提案いたします。セキュリティの強化、管理者業務の運用負荷軽減に加え、ビジネススタイルの変革にもお役立てください。

ソリューションの特徴

通信環境が悪い状況でも高いパフォーマンス発揮

Xen Desktopは独自プロトコルによる、画面転送技術により、低帯域での仮想デスクトップ環境を実現します。印刷・動画等は独自技術により、高いレスポンスを提供します。

圧倒的なシェアにもとづく信頼性を提供

VMware Viewは仮想化技術の圧倒的なシェアにもとづく、信頼性を提供します。 また、独自プロトコルによる画面転送技術により、帯域を抑えた画面転送を実現すると共に、Microsoftの標準画面転送技術である、Remote Desktop方式での画面転送も選択でき、導入アプリケーションに合ったソリューションの提供が可能です。

OS標準機能で低価格を実現

OS標準機能であるRemotedesktopを基盤とした仮想PCソリューションを提供します。 実績の高いRemotedesktopによる仮想化により、低価格での提供が可能です。

PC以外のデバイスにも対応

スマートフォンやタブレットデバイスの利用により、自分のアプリケーションやデータにどこからでもアクセスが可能です。

導入までの簡単な流れ

①アセスメント②プレ導入・検証③お客様評価④本格導入

お問い合わせ