ホームICTソリューション > ID管理・認証

セキュリティ

ID管理・認証
統合的な認証ソリューションを提供いたします。

ソリューションの概要

企業では、システムの増大や多様な形態での活用が進み、仕組みが複雑化・高度化され運用が困難な状況となっています。システムの利用時における認証においても例外ではなく、セキュリティの脆弱性を生み、その不要論さえも聞こえてきます。認証基盤を整理し、統合的な管理・運用を徹底することで、これらの問題を解決する認証ソリューションをご提案いたします。

ソリューションの特徴

ディレクトリサービス構築

ファイルサーバや無線LANのサービス利用時の認証として必要となる、ディレクトリサービスの設計・構築およびマイグレーションをいたします。ActiveDirectoryやOpenLDAP、、既存の活用など、お客様の要件によりディレクトリサービスの選定や構成をご提案いたします。また、RADIUSとの連携や検疫認証など、ご利用目的によりサブシステムを含めた課題を解決いたします。

アカウント統合

アカウントの管理・運用は、管理者とユーザへの負担となり、システムの増加とともに増大します。アカウントを一元化し統合することにより、アカウント登録やパスワード変更といったメンテナンス作業が一箇所で行うだけで全システムに反映されます。運用の負担が軽減し、システムの可用性や高度なパスワード運用などに繋がります。
また、アカウント統合環境の構築には、事前の準備や検討が長期化し、管理者の大きな負担となります。人事台帳からのデータ連携、既存システムの検証やデータ移行、ユーザ申請のプロビジョニング、パスワードポリシーなど、コムシスグル-プでの構築・運用実績とパートナーとの提携により、最適な導入計画をご提案いたします。
セキュリティ規定や既存環境のアセスメントからツール選定、ご要望に応じたカスタマイズ、運用までをご提案いたします。

シングルサインオンの導入・社外サービスとの認証連携

シングルサインオンによってユーザは複数のIDやパスワードを「考える」「覚える」「投入する」負担から解放されます。ID・パスワードひとつだけで、複雑なパスワードが全てのシステムに適用でき、より高いセキュリティを実現します。運用ポリシーや環境によって最適な方式をご提案いたします。

SaaSやPaaSといったアウトソーシングサービスの活用や企業間連携など、外部組織とのセキュリティポリシーの共有には、サイト間認証連携(グローバルシングルサインオン)が有効です。サイト間で認証情報を交換し信用することにより、連携した別サイトにアクセスする際にも認証を有効にします。これによって、一度認証を受ければ再度認証を受けずに連携した他サイトのWebシステムにアクセスできるようになります。

お問い合わせ