ホームICTソリューション > 無線LAN

プラットフォーム構築

無線LAN
今こそ上手に使える無線LAN

ソリューションの概要

無線LANを導入する上で、アクセスポイントの配置設計と設置後の調整作業が、安定した無線LAN環境を提供する上で、重要なポイントとなります。日本コムシスでは、無線LANに関するコンサルテーションから保守運用までを、一括したサービスでご提供します。

ソリューションの特徴

屋内無線LAN

会議室や商談コーナーなど、社内のどこからでも、スピーディに社内ネットワークへアクセスし、必要な情報をすぐに取り出すことができます。
また、無線IP電話を導入することで、無線LANインフラの効果的な利用が可能となります。さらには音声とデータの融合による通信費用の削減、業務効率の向上が実現されるなど、無線LANは企業インフラの中心となってきています。

屋外無線LAN

ケーブルの敷設が困難な拠点間の通信や、道路を挟んだビル間での通信費を安くしたい場合など、さまざまな場所で屋外無線LANを有効活用することが可能です。

屋外無線LAN(メッシュ型無線LAN)

街全体、大学キャンパス内、工場の敷地など、面的な広がりを持つ場所において、低コストで無線ネットワークを構築します。また、有線LANを敷設しにくい場所のネットワーク構築や、障害発生時のルート変更などにも柔軟に対応します。

公衆無線LAN

日本コムシスでは、キャリア様向けに公衆無線LANのインフラ構築を行っております。周辺環境の電波測定やアクセスポイント設置場所のご提案も合わせて実施しております。その技術を、自社のビルや拠点内でお客様が利用される無線LANを提供したいなど、公衆無線LAN環境の構築をご検討されているお客様にもご提供します。

導入までの簡単な流れ

①コンサルテーション②電波測定③無線LAN設計④設置・設定・調整⑤運用・保守

お問い合わせ