この国の、次の一歩のため。

1982年、日本初となる光ファイバケーブル工事の受注、施工。2000年初頭の3G回線、2010年代の4G回線・LTE回線実現の牽引。そして、太陽光・バイオマス発電システム、医療電子カルテシステムの構築、自然災害監視・予測システム、顔認証を用いた防犯システム…etc.今日まで私たちはこの国のさまざまな社会インフラを築いてきました。NTT事業をはじめとした最先端技術を用いた数々の実績は、提案・設計から土木建設、システム構築、保守管理と、すべてをワンストップで担える技術力を育みました。同時に、常に時代の先端に挑み続けたことで、多彩な知見と強固なチャレンジ精神も手にしました。そして、これから。私たちは、手にした技術と知見で、すべての社会インフラを担うスーパーゼネコンへの進化を目指していきます。この国の未来には、数多くの社会課題が待っています。2020年に向けた5G回線実現。膨張し続けるデータ通信量への対応。自動車の自動運転化実現のための通信ネットワーク強化。超高齢化社会のための新セキュリティシステム創出。再生可能エネルギー(電気・ガス)のさらなる普及。情報技術進化にともなうあらゆる企業へのICTソリューション提供。私たちはその1つ1つと対峙していきます。ときに誰もがさじを投げたくなる難題が目の前に現れることでしょう。ときに失敗を覚悟で新技術に挑むこともあるでしょう。けれど、未開の地へ歩を進める勇気と、未知を楽しむ気概が私たちにはある。〈情報、電気、水道、ガス〉。私たちはあらゆる壁を打破し、これからもすべてのインフラ領域をアップデートし続けていきます。この国がまた新しい、次の一歩を踏み出せるように。