社員紹介PEOPLE

PROFILE社員プロフィール

2009年入社

金塚 洋貴

社会基盤事業本部
電気通信システム部
電気通信エンジニア
工学部情報工学科 卒

ルーティンワークより、難しい問題と向き合い自らの頭脳をフル回転させながら、解決策を模索していく仕事のほうが面白いと日本コムシスを選択。現在、さまざまな現場で電気設備工事の施工管理業務を担っている。

“電気”が、建物に命を宿し
人々の生活を支えていく。INTERVIEW

01こんな仕事をしています

社会基盤事業本部は、通信土木・一般土木工事、ビル・倉庫・工場の建築、防災設備、太陽光発電の環境エコ関連事業など、幅広い観点から社会インフラを構築する事業を担っています。そのなかで私が担当しているのは、電気設備関係。各地の電気工事の現場を渡り歩きながら、施工管理の仕事をしています。建物の建築図面を見ながら、そこに電気設備をどう整備・施工すればいいか計画を練って図面に落とし込む。そして実際の施工業務を行ってくれる施工会社さんに指示を出し、チームで工事を遂行していきます。それぞれの工事は、1ヶ月の短期間で終わるものから、数年にわたる大規模なものまでさまざま。これまで、議員会館、議員宿舎、東京スカイツリー、地下鉄、高速道路など、いろいろな場所の電気設備の設計・施工を担ってきました。この仕事は、一般公開されていない場所に入ることができたり、有名な建物の裏側を自分の目で見ることができる面白さがあります。他の仕事では滅多に経験できないことをさせてもらっていると感じますね。

02仕事のエピソード

現在、遂行しているのが『品川リハビリテーションパーク及び品川区立図書館』という介護施設、病院、図書館が一体となった複合施設の電気設備工事です。病院には一般の建物にはない設備が多くあります。ナースコールなど病床すべてに電気回線を引かなければなりませんし、バックアップ電源も確保しなければいけない。そのため工事計画は非常に複雑なものになり、図面を引く作業はまるで難解なパズルを解くような感覚です。一筋縄ではいきません。だからこそ、電気工事のプロとしての腕や知見が試され、やりがいが大きい。そう感じます。
一つの建物を完成させるには、建設会社、機械設備会社、内装施工会社・・・と実にさまざまな会社が関わります。各工事は並行して行われますから関係各社との連携や日頃からのコミュニケーション、情報共有は欠かせません。そうしたつながりから、新しい知見を得ることが多いですね。各領域の職人さんたちを見て「そういう手法もあるのか」、「そんな新技術が生まれたんだ」と驚かされることもしばしば。電気工事、建設工事というものは本当に奥が深いなと実感します。学んでも学んでも、もっと知りたいと思えることに溢れています。だからこの仕事は大変だけど、面白いんですよね。

03これからの夢、目標

どれだけ苦労しても、建物が完成し工事が完了した瞬間の充実感や感動はやっぱり何度味わってもいいものです。何もなかった場所に建物が生まれ、その建物に初めて明かりが灯る。それはまるで、建物に命が宿ったかのような瞬間だと私は感じます。照明はもちろん、パソコンも携帯電話も医療器具も電車も車も、あらゆるものに電気は必要です。電気があるから暮らしは便利で豊かになる。だから、この社会に電気を届けるという仕事に、大きな使命や誇りを私は感じます。これからも、一つ一つの工事で大きな達成感を味わいながらさまざまな場所に電気を届け、成長し続けたいと思っています。