ホームインフラストラクチャ > 通信基盤(土木)設備構築

ライフライン構築

通信基盤(土木)設備構築
あらゆるところで「つながる」を支えています。

工事の概要

通信の基幹ケーブルが通る通信用トンネルや管路の構築、改修、移設から通信用橋梁の耐火防護、耐震補強など、通信設備に関わる土木工事を手掛けています。また、トンネル内の電気設備なども含めトータルでの設備構築に取り組んでいます。

こんなご希望にお応えします。
  • ■通信用トンネルを移設したい
  • ■橋梁に添架した通信設備の耐火性能を向上させたい
  • ■地震などの自然災害に強い通信管路を構築したい

工事の特徴

通信網として重要な幹線をサポート

通信用トンネルなどは、通信網にとって非常に重要な幹線のため、構造的安全を確保しながら施工を行う必要があります。日本コムシスでは、長年の通信インフラ構築で培った技術力を生かし、高品質・安心・安全な施工を行っています。

コスト・地球環境に配慮した施工

LED照明の導入推進など、設備建設コスト、維持コスト等の削減を目指すとともに、二酸化炭素の削減や地球環境に配慮した施工を行っています。
通信用トンネル内LED照明設置工事

施工実績

蔵前専用橋耐震補強工事
蔵前専用橋耐震補強工事
明石(二越橋)専用橋支障移転工事
明石(二越橋)専用橋支障移転工事

導入までの簡単な流れ

通信基盤(土木)設備導入までの流れ

お問合わせ

通信基盤(土木)設備構築に関するお問い合わせはこちら