ホーム > 沿革

沿革

1950〜

1951年12月 日本通信建設(株)設立 [image]会社創立事務所(1951.12)
1952年3月 線路・機械工事を初受注
1952年8月 全国初の総合1級業者(線路・機械・伝送無線各1級)として、日本電信電話公社から資格認定を受ける
1953年6月 東京〜名古屋〜大阪間マイクロ回線の無線中継所工事を受注
1953年9月 大阪支店を開設(現関西支店)
1953年12月 本社社屋を港区高輪に新築
1957年9月 長野支店を開設 [image]バンコク線路工事(1965.12)
1959年9月 受注工事が100億円を超える
1961年12月 マイクロ局100局を完成
1962年7月 資本金を3億円に増資
1962年7月 東京証券取引所第2部に上場
1963年11月 シ−ルド工事の受注第1号
1965年12月 最初の海外工事(バンコク)の受注

1970〜

1970年8月 浦和支店を開設(現関東中支店)
1970年9月 衛星通信地球局工事を受注 [image]衛星通信工事(1970.9)
1972年2月 大阪証券取引所第2部に上場
1972年7月 横浜支店を開設
1972年11月 東京・大阪両証券取引所第1部に上場
1972年12月 資本金を15億円に増資
1973年5月 本社(当時)の新社屋完成
1973年7月 秋田支店を開設
1973年7月 宇都宮支店を開設(現栃木支店)
1976年4月 資本金を25億円に増資 [image]ケーブル切換工事(1978年当時)
1982年3月 北海道支店・東北支店・北陸支店・東海支店・中国支店・四国支店・九州支店を開設
1982年8月 我が国初の光ファイバ−ケ−ブル工事を受注
1984年4月 新潟支店を開設

1990〜

1990年7月 「日本通信建設(株)」から「日本コムシス(株)」へ社名変更
1991年2月 日本電信電話株式会社の新認定制度「通信設備総合工事」の認定を受ける
1992年3月 湾岸戦争後のクウェートの緊急復興プロジェクトを日本で初めて受注
1994年3月 資本金が100億円を超える
1997年3月 受注高・完成高が2,000億円を超える
1997年7月 資本金が200億円を超える
1999年8月 資本金が300億円を超える

2000〜

2000年4月 福島支店・高松支店・沖縄支店を開設
2001年6月 ISO14001の全社認証を取得
2001年9月 ISO9001の全社認証を取得
2002年3月 IT事業本部を新設
2003年9月 日本コムシス(株)(証券コード1947)上場廃止(東証・大証)
2003年9月 (株)三和エレック、東日本システム建設(株)と株式移転方式によるコムシスホールディングス(株)を設立
2003年9月 コムシスホールディングス(証券コード1721)新規上場(東証・大証)
2003年10月 コムシスシェアードサービス(株)を設立し、共通業務をアウトソーシング
2004年8月 ISMSの全社認証を取得
2009年4月 情報事業を分社化し、コムシス情報システム(株)を設立
2009年10月 本社を品川区東五反田に移転